MtF( Male to Female )手術説明2
B)S字結腸転用による性転換手術内容
以下の内容は医学的な内容が含まれていますが、この情報によ利生じた問題は「情報利用における自己責任原則」を守って下さい。
この手術はMtF手術の世界的な権威のDr.グリチャート医学博士を中心に、内科の医師、麻酔科の医師等4〜5名の医師がかかわります。
数十年の歴史のある外科処置で医療研究を続けた結果、近年飛躍的に改良された成果です。
手術は基本的に1度で終了致します。また他の豊胸手術や骨削り手術等も同時に安全に受ける事も可能です。


長期間のホルモン投与や睾丸を摘出済みの方は、性器の畏縮等のため陰茎の長さや睾丸の皮膚が不足する場合が多くあります。また去勢を受けていない場合でも、包茎手術により皮膚が不足する場合もあります。
この場合は、S字結腸接続膣形成による、性転換手術が必要です。

下腹部を15センチ程度開腹し、小腸と大腸を繋いでいるS字結腸を10数センチ切り取り膣に転用します。
下腹部に開けられた傷は、傷跡は術後10日程度で、目立たなくなり、半年から1年程度では両端に少し縫合痕が残る程度で、中心部の縫合痕はほとんど判別できない程度に回復します。 これは美容外科だけが出来る特殊な接合法で、通常の外科手術での盲腸の傷跡と比較すると、差は歴然としています。

内部のS字結腸は、切り取られた両端は慎重に縫合され、回復後の体への影響はありません。
新しく形成された膣は、潤いを持つ女性器と遜色のない感触に仕上がります。
しかし、反転法に比較すると腸は細菌などを吸収する性質があり、たいへんデリケートです。
常に清潔な性交渉を行なう必要があります。

*入院期間は平均13泊14日ですが、場合により数日間延長の可能性はございます。(料金は変わりません)

手術後最も重要なものは、新しく形成された膣の拡大の試みです。そのまま処置が無ければ新しい膣は狭窄や癒着により消滅の可能性があります。
また苦痛のために、後で修正することが非常に困難になりますので、手術後一週間から十日前後に再度処置のための来院が必要です。
帰国後のケアで最も重要な処置は、新しい膣を拡張器で幅と長さを毎日徐々に拡張することです。
シャワーの後に手術の傷跡、尿道および陰核に抗生物質軟膏を塗ってください。3週間以上は膣の洗浄器を1日に2度は使用してください。
ケアを完璧に行えば、個人差はありますが、性交は手術の2〜3か月以降には可能になり、本来の女性同様のエクスタシーを得る事も、可能と言われています。男性の亀頭の神経は、女性陰核の神経と類似しているので、小さく集結されることにより感覚鋭くなり、ほぼ女性と同様の性感覚になります。
新しく形成された膣はに神経が通い、さらに前立腺や各腺等は温存されていますので性行為での快感は、十分に得られます。
また性感の高まりにより、個人差はありますが、各腺から分泌される粘液により、かなり濡れると言われています。

*この手術が終了すると、通常女性と遜色のない外観や機能を持つ女性器ができあがります。深い精神的また肉体的満足感を得られるのは事実です。
当然個人的な条件を満たしている場合には、戸籍変更は可能です。
これらの手術は現在の医学で安全性、安定性も含め最高峰の治療です。
しかし、これらの性転換手術は、主に外観上を異なった性にする方法で、完全に同一の形状や機能を持たせるものではない、と言う事を十分理解ください。


*上記入院期間は、標準の期間を記載していますが、個々の状況により、医師の判断で延長する場合がございます。帰国予定が変更になる場合もございます。これらの場合も、アクアビューティ保証により、お客様の負担はございません。
*アクアビューティには、これらの手術経過等の資料写真等もございますが、ネット上では公表する事は出来ません。ご来社頂いた方には、十分なご説明と画像の提示をいたします。
*お客様がご帰国後、手術後のアフターケアやメンテナンス、ダイレーション方法等についてはアクアビューティの、MtF手術経験者が、自身の体験や多数のお客様の手術後の経過を熟知していますので、親身になって、詳しくメールやお電話でフォローいたします。どうぞご安心下さい
*基本的に、各手術時に輸血の必要性はございません。
*ケア等が不完全で、後日膣の長さが不足した場合、S字結腸接続膣再形成の場合再手術がたいへん困難になります。十分なケアを心がけて下さい。

*経験の豊富な医師と最新設備の整った病院で手術を受けても、絶対に100%安全であるとは限りません。
個人の体質も違えば、体調も違います、また回復状況も千差万別です。
万が一の場合のケアやフォロー態勢を十分満たしているのがアクアビューティ・プランです。
*アクアビューティは過去の膨大なお客様の手術状況や回復状況のデータやノウハウを持っています。そのデータの元にどういった場合に再処置や再手術が必要かを十分承知しています。万が一処置が必要な場合は適切な時期に無料で再渡航していただき、全てのお客様に無事に理想の体を得て頂けることを誇りにしています。

以上は病院の手術マニュアルや担当医師、実際に手術を受けられた方等からの情報等を元にアクアビューティが独自編集したものです。
*内容、記述に誤りや修正等のご意見がございましたらご一報下さい。
個人でのご利用やコピーは自由ですが、商業的な利用や転載は固く禁じます。
また内容には多数の医学的な内容を含んでいます。
これらの情報により生じた問題は「情報利用における自己責任原則」ということをご了承下さい。


アクアビューティにはMtF手術経過等の資料写真等もございますが公表する事は出来ません。
ご来社頂いた方には十分なご説明と画像を提示する事は可能です。

これらの手術を受けられた方々の記録が多数掲載されている体験記ページをお読みになる事をお薦め致します。


MtF 反転法による性転換手術説明へ
手術説明トップメニューへ
トップページに戻る

お問合せ先へ
Copyright(c).2002〜2008 aquabeauty co.jp. All Rights Reserved. '07.02.01